2016年2月8日月曜日

鹿児島・天文館に外国人バイト増 温暖な気候、安い生活費決め手

Source:http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=72805

GOOGLEニュースより、(2016 01/30)
日本語学校の授業を終えてから天文館の居酒屋でアルバイトするギミレ・アミルさん(右)=27日、鹿児島市の大安
「天文館にネパールの人が増えている」。立ち寄った飲み屋でそんな話を聞いた。確かに居酒屋、ラーメン店などでそれらしき外国人アルバイトをよく見かける。「恐らくうちの学生でしょう」と九州日本語学校(鹿児島市)の職員。「YOU」は日本語を学ぶのに、なぜ鹿児島を選んだのか。ある男子学生の姿を追うと、ニッポンの「今」も見えてきた。
 ギミレ・アミルさん(20)は人懐っこい笑顔が印象的だ。同市山之口町の居酒屋「大安」で週に数回働く。
 生活費はアルバイトで賄わなければならないが、留学生の就労は法律で週28時間まで。アミルさんは家賃など物価の安さを最優先して日本語学校を探し、鹿児島は温暖で気候がネパールと似ている点が決め手になった。
 「東京など大きな街に行くのは、言葉がうまくなって、日本の生活に慣れてからでもいいと思った」と語る。

0 件のコメント:

コメントを投稿